これからの生活について

Social distance

番組・司会事業で委員長をしている安木絵美です。

全国にて緊急事態宣言が継続している首都圏4都県と北海道も、政府が本日5月25日に専門家会議を開き、漸く解除する検討の予定ですね。

イベントやエンタメ業界では仕事のキャンセルが余儀なくされた方々も多かったのではないでしょうか?

ドラマに至っては撮影が進まず、お話を中断してしまったりと、未曾有の事態となっておりました。

新規感染者数から見ると、以前よりは安心もできるかと思いたいですが、第2波、第3波の懸念も拭えません。100年前のスペイン風邪ではそちらの方が酷かったといいます。これから経済活動の再開とのバランスを番組・司会事業内でも考えていきたいです。

ご家庭には子供やご高齢の方がど同居されている方々や、表面上は健康に見えても慢性疾患をお持ちの、感染すると重病化されやすい方々もいらっしゃいます。また比較的に健康で若手の方もかかると肺の4つ共に感染する為ICUへ移動されたりと思っているよりも軽症とは言い難いそうです。これからも疾病蔓延の下での注意が引き続き必要ですね。

イベントは東京都内でも月末から再開予定とのお話も出ておりますが、不安もあります。外出先、打ち合わせでのマナーの配慮を十分にして、元の生活を少しづつ取り戻していきたいです。

 

関連記事一覧

  1. 定本 正志
PAGE TOP