献血に行きました!根本由希菜

こんにちは。
Jアナーズ メンバーの根本由希菜です⛄
先月、天気のいい日に献血に行ってきました!😘💨

寒いと血圧が上がりやすくなり、
献血できない場合があるので
暖かい日は献血日和なんですって😊☀

さて、献血にはいくつか種類があります。

採血した血液すべてを提供する「全血献血」と、
採血した血液の中から特定の成分を抜き出し、
また自分の体内に血液を戻す「成分献血」。

献血できる血液の量は、自分の体重によって決まります。

今回、私は久しぶりに「400mlの全血献血」を行いました🙄

他の種類の献血はしていたのですが、
400ml献血がどうしてこんなに久しぶりだったのかというと……
コロナ太りのお陰で体重が400ml献血の条件を満たしたから!😁笑

献血後の体調も 全く問題なし!とっても元気!💪💪💗

身体絞らなきゃな~なんて思っていたけど、
ご飯をたくさん食べて誰かの役に立てるなら
このままで良いかも!?と思いました🐮笑

天気も良いし元気なのに
コロナのせいで出かけられないよ~!😭😭😭
というあなた!献血はどうですか?😍✨

それから、
献血ルームで骨髄バンクのドナー登録もしました!

私が行った献血ルームに
骨髄バンクのボランティアの方がいらしていて、
バンクの説明をしてくださったんです🗨

もうず~~っと前に、
インターネットか何かで「骨髄液を抜くのは痛い」と
いうのを見た覚えがあって、それが怖くて😱💦

ボランティアの方に
「すごく痛いんじゃないんですか?」と聞いたら、
40歳のときに骨髄を提供したと言うその男性は
「平気ですよ~!」

腰から注射で骨髄液を取り出すため、
仰向けになると痛いので夜は横向きで寝たそうですが、
日常生活には問題ない程度の鈍い痛みだったそうです👌

奥様も骨髄提供をされたそうで、
いわく「出産に比べれば大したことないわよ!!」

私は出産を経験していないので
分かりませんが……😂😂

痛くないわけではないんだなと
思いましたが……😂😂😂😂笑

また、今は腰に注射する方法だけでなく、
成分献血の要領で必要な細胞(末梢血幹細胞)を採って
それを提供する方法もあるそうです。

どちらの方法を取るかは
ドナーに選ばれてから決まるそうです☝

ボランティアの方とお話しして、
自分が痛いのは一瞬だけど、
それが誰かの一生に繋がるなら良いなと思い
ドナー登録をすることにしました🙌✨

骨髄または末梢血幹細胞の提供にあたっては、
数日間の入院が必要です。

そこで公務員には「ドナー休暇」が
導入されているんですって!知らなかった~!

他に、
ドナーに対する助成金制度を設けている自治体もあります。
なんと!私の住む埼玉県内では、
すべての市町村で助成があるのだとか!
知らなかった~!🙄✨

登録をしても 適合する患者さんがおらず
一度もドナーになることのない人もいれば、
登録から1か月でドナーとなる人もいるそうです🎀

百聞は一見に如かず!
私がもしドナーになったらレポートしますね😊💪💓

*参考*
日本赤十字社 http://www.jrc.or.jp/donation/
日本骨髄バンク https://www.jmdp.or.jp/

⛄根本 由希菜⛄
【Instagram】https://www.instagram.com/nemotoyukina012
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCGKqAlRiDuR_TpuFx3-7mhg

関連記事一覧

  1. 定本 正志
PAGE TOP