娘と絵本

沖縄メンバーの小渡(おど)はるなです。
今日は、絵本の話♪

先日、2歳の娘用に世界の童話の絵本を購入しました。

私自身、幼い頃に好んで読んでいた懐かしいシリーズでもありますが、2歳になったばかりの娘がこれまでに接してきた絵本と比べると、文章もストーリーも長くて複雑。
読ませるのはまだまだ先かな…と思っていたのですが、同い年の友人の子が既に童話を読んでいることを知り、焦って(笑)購入!!

「でもやっぱり早いだろうな…」と思いつつ
娘に読み聞かせてみると、興味津々!
『三びきのこぶた』を最後までじっと集中して聞いてくれました。
子どもの可能性を親が決めてはいけない、と改めて実感した瞬間でした。
「まだ早いかな」「まだできないかな」と思っても、まずはさせてみることが大切ですね!

子どもの成長は本当にスピードが早くて、一つ一つを噛み締めているうちについ置いていかれがちな私ですが、常に先の世界を提示できる親でありたいものです。

関連記事一覧

  1. 定本 正志
PAGE TOP