Clubhouseで波音は配信できるのか

2021年は始まったばかりと思っていたら、もう2月になりました。早い!!
私はIT企業に勤めているのですが、同僚との間の最近の大きな出来事といえば「Clubhouse」というアプリが爆発的に流行していることです。

「Clubhouse」は去年3月にアメリカの企業がリリースした新しいSNSで、音声版Twitterといわれ、ユーザーが「ルーム(部屋)」を作ってネット上で自由におしゃべりができるものです。

コロナ禍でzoomなどを使ったオンライン会議は一般的になりましたが、雑談は生まれにくい。でもClubhouseでは自由にルームを行き来して人と会話できるため、まるで居酒屋をはしごするように気軽におしゃべりを楽しむことができます。

同僚から招待してもらい、私もさっそくアカウントをつくってみました。1人2枠の招待性というのも新しいですね。(条件によって招待枠が増えることもあるようです)

ルームを覗くと、同僚が早速おしゃべりしていました。お風呂上がりにラジオのようにみんなの会話を聴いていると、急にスピーカーの権限が与えられて、着替えが途中のまま会話に参加することになりました笑。

また驚いたのは、タレントさんから政治家まで有名人が続々と参加していて、事務所やテレビ局などの枠を越えて自由にルームに集まっていることです。テレビでは見たことのない組み合わせの面々が一堂に集まっているルームもあり、異種格闘技戦みたいです…!

1月下旬から日本で急速に広まっている様子を肌で感じています。コロナ禍で飲み会が難しい分、溜まっている「人と話したい」という想いが一気に噴出しているようですね。

ただ、すでに「Clubhouse疲れ」なんて言葉も出来ているようですが、くれぐれもやりすぎにはご注意ください笑。わたしもアナウンサーとはいえ、初対面の方と話すのはエネルギーを使うので、こんなルームを作ってみました!

「稲村ヶ崎にいるので波音を聴いてください」

散歩がてら訪れた稲村ヶ崎の波打ち際にスマホを置いて、ただただ波音を流すroomです笑。意外と環境音として聴いてくださる方がいらっしゃいました!小一時間ほど配信して、リスナーに感想を聞いたところ、「ゴォーゴォーという風の音しか聞こえませんでした」とのことでした笑。

それでは良いClubhouseライフを!!!

関連記事一覧

PAGE TOP